ブライダルチェックのすすめ

ブライダルチェックとは?

ブライダルチェックというワードを聞いたことがある方は多くないかもしれません。

結婚を考えている、または既に結婚している女性のうち、将来的には子供を授かりたいと考えている場合に、ぜひ受けてほしい検診です。

昨今、不妊治療が様々なメディアで取り上げられるようになり、まだ妊娠・出産を経験していない女性は、「自分の体はどうなんだろう?」と不安になることはないでしょうか。

私自身も検診を受けたところ、治療が必要な病気が見つかったこともあり、検診を受けてよかったと思っています。

具体的にブライダルチェックとは何なのか、解説します。

ブライダルチェックの概要

妊娠・出産を予定している女性を対象とした検診。
受診できる病院:レディースクリニック、産婦人科
費用:1万~3万円程度(病院による)

「ブライダルチェック」という名前のため、結婚の予定がない場合は受診しづらいと感じてしまうかもしれませんが、妊娠・出産を予定している(将来的にしたいと考えている)女性が対象ですので、もし不安があれば早めに受診することをおすすめします。

検査内容

  • クラミジア、HIVなどの性病
  • 子宮頸がん
  • 子宮、卵巣の超音波検査
  • 糖尿病
  • 風疹の抗体
  • おりもの検査
  • ホルモン検査
  • 排卵ができているか確認

など

検査内容は病院によっても異なり、検査項目が多いほど費用も高くなりますので、受診前に確認しましょう。

実際にどんなことが分かったか

私自身、結婚前にブライダルチェックを受けたいと考えていたので、結婚の半年ほど前に予約して受診しました。

そのときの検査は以下の内容で、問診・内診・血液検査がありました。

  • クラミジア
  • 子宮頸がん
  • 子宮、卵巣の超音波検査
  • 貧血
  • 糖尿病
  • 風疹の抗体

血液検査や内診で採取した細胞の検査結果は1週間程度待ちました。

結果は、内診時に卵巣の腫れ(卵巣嚢腫)を指摘されました。

また、血液検査の結果、風疹の抗体が少なくなっており、妊娠する前に予防接種を受けたほうが良いとのことでした。

卵巣嚢腫については、左右どちらの卵巣にも腫れが見受けられ、5cmを超えているので、大きな病院で手術をするべきか判断してもらったほうが良いとのことで、紹介状を書いていただきました。

不安を解消するために

ブライダルチェックは、妊娠や出産に影響する病気がないかを検査するものであり、受診して問題がなかったからといって、妊娠・出産になんの問題も生じないというわけではありません。

ただし、

  • 異常を感じていないので、婦人科を受診する機会がない
  • 将来的に妊娠・出産を考えているが、漠然とした不安がある

という方にはぜひ検診を受けていただきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA